社会貢献

HOME

子ども虐待防止 オレンジリボン運動

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」エンゼルフーズでは、日本の将来を担う子どもたちの健康と健やかな成長のために、食事の大切さを伝えていくという使命感を持ち、日々業務に励んでおります。仕事柄、園児様と顔を合わせる機会も多く、その笑顔や元気に遊んでいる姿を見ていると、子どもたちを大切に守ってあげなければいけないという使命感が自然と湧いてきます。

 

そんな折「NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク」のことを知り、弊社は2008年12月に子ども虐待防止オレンジリボン運動への「支援企業」として登録をさせていただきました。児童虐待防止全国ネットワークは、子どもの虐待防止運動イメージ子ども虐待防止法や児童福祉法の改正、児童福祉施設最低基準の見直しなどを求めるソーシャルアクションとオレンジリボン運動を中心とする、子ども虐待防止のための広報・啓発活動を行なっている団体です。「子どもたちのために」という願いは、エンゼルフーズの理念と一致しています。弊社では、このオレンジリボン運動を様々な形で支援していきたいと考えております。

 

現在、弊社社員は胸にオレンジリボンのバッジを付け日々お客様など外部の方々と接し、折りに触れてオレンジリボン運動を話題とさせていただいております。また、幼稚園様、一般企業様へ伺う配送車、営業車約50台全てにオレンジリボンのステッカーを貼り、その存在を広めております。



児童虐待防止全国ネットワークの吉田恒雄理事長と
エンゼルフーズの古賀義将社長
(2008年12月事務局にて)

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

オレンジリボン運動の
公式サイトへは
ここをクリック

ページの先頭に戻る